スコアリングとは何か

マーケティングオートメーションのシステムには顧客への効果的なアプローチを検討するための機能としてスコアリングが搭載されていることが多くなっています。スコアリングは顧客の購買意欲を推し量るための機能です。登録されているユーザーの行動をスコアによって評価することで、アプローチをかけていけば商品やサービスの購入につながる可能性が高いかどうかを見極めることができます。例えば、クーポンメールを送ったときの開封率が高い場合や、SMSの開封率が高い場合にはアプローチをかける価値が高いと考えられます。このようなユーザー行動の分析結果を集計してスコアにすることで顧客価値の大きさを定量的に評価できるのがスコアリング機能です。

スコアリングの活用メリット

マーケティングオートメーションでスコアリング機能を使うとコストパフォーマンスを上げられることに加え、営業施策を立てるための重要な情報を手に入れられるのがメリットです。SMS送信のように送信先を増やしたり、送信回数を増加させたりするとコストがかさむマーケティング方法は多数あります。あまり購買意欲のない顧客に何度もアプローチをかけてもコストがかかるだけなので、購買意欲の高い顧客をターゲットにすることでコストパフォーマンスを上げるのが合理的です。また、マーケティングから営業への橋渡しとして効果的で、購買意欲の高い顧客に営業をかけると成約率が高くなります。このように顧客の良し悪しを見極められるのがスコアリングを活用する魅力です。