自動でデータを分析できる

主にIT分野で活用するマーケティングオートメーションでは、顧客がサイトにアクセスした履歴やメールを閲覧した回数などが分かります。そしてそういったデータは、将来的なマーケティングに活かすことができます。その分析自体は人の手でも行えなくはありません。けれどデータの量が多くなればなるほど、作業が大変になっていきます。けれどマーケティングオートメーションを導入しておけば、自動で分析されるため、そこまで労力を必要とせずに短時間で結果がわかります。自動なので、一定の顧客層でデータを絞り込んだり、将来的な予測をしたりといった高度な分析も可能です。さらにコンピュータによる分析ということで、精度の高さも期待できます。

マーケティングの結果も把握しやすい

マーケティングでは、事業をより良い結果に導くために様々な工夫を施すことが多いです。しかし結果が明確にならなければ、その工夫が正しいのかどうかが判断できません。そのまま根拠が乏しい状態でマーケティングを進めていくと、失敗する恐れがあります。そこでマーケティングオートメーションの分析機能を使用すれば、レポートでより詳しい結果を知ることができます。分析結果は特定の期間に絞り込んで出すことも可能で、工夫を施す前と後での比較も容易だからです。何よりその結果を、はっきりとした数字で把握できる点が大きいです。場合によっては、マーケティング全体が間違っているのか、一部のみに問題があるのかがわかることもあるでしょう。